東京にある女性のためのDV相談や支援相談。ドメスティックバイオレンス(家庭内暴力)・被害を受けた女性と子どもの支援活動をしています。

NPO法人 女性ネットSaya-Saya  »  7つの活動ユニットの概要  »  学習ユニット  »  DV被害者支援 養成講座

DV被害者支援 養成講座

DV被害者支援養成講座

DV被害者への支援の場面では、被害者と支援者との間にも、力と支配(パワーとコントロール)が起こりやすいものです。支援者が特権を持っているために、加害者との間の関係が再演し、2次被害が起こってしまう現状があります。そのために、私たちは、『偏見・差別・特権・ジェンダー』など様々な観点から学び落とす必要があります。

そこでSaya-Sayaでは、支援者に向け米国オレゴン州『NPOラファエルハウス・DV被害者支援マニュアル』を翻訳し、体系的に学ぶ機会を提供しています。


内容は、①抑圧理論 ②性暴力 ③ドメスティック・バイオレンス ④トラウマ ⑤法律関係 ⑥アドボカシー・クライシス ⑦危機介入 ⑧子どもへの虐待 ⑨高齢者・障がい者への虐待 ⑩加害者 ⑪多文化社会におけるDV ⑫自己確認テストなど、日本の現状を踏まえ、多岐に渡って学習します。

目的

被害者の視点に立ち、「当事者には力がある」というエンパワメントの思想を持つ支援者を育成すること。
被害者とその子どもたちが、その人らしく生き生きとできる地域社会をつくるために、貢献できる支援者を育成すること。
対等な関係を作るコミュニケーション方法や、文化を創造していく支援者を育成する。また、支援者自らの価値観を見直すことにより、よりその人らしく解放され、生き生きと生きることを目指します。
(*被害者支援というタイトルについて;これまでSaya-Sayaでは、被害女性としていましたが、セクシャルマイノリティなど多岐にわたる被害者を意識したものです。)

対象

DVに関心があり、被害者に共感できる人で、今後DV被害者の支援活動をしたい人、または、既に支援をしている人でスキルアップしたい人、医療・福祉・法律・教育などの専門職で、DVの理解を深めたい人、当事者でDVの理解を深めたい人、びーらぶインストラクター養成講座を受講したい人など。

時期

年間1~2クール。①~⑪コマ全22時間。(欠席した回は、次のクールで補うことができます)修了者には、修了証を発行します。

場所

東京都内など(地方で行われる場合もあります)

参加費

11,000円(①~⑪回:各回1000円) マニュアル代(11冊:4000円)

過去の実績

(都内開催分のみ)
2004年度  1クール
2005年度  1クール(米国オレゴン州『NPOラファエルハウス・DV被害者支援マニュアル』の翻訳版テキストを使用開始)
2006年度  2クール
2007年度  2クール
2008年度  2クール
2009年度  2クール

*実施予定や実施状況については、「イベント情報」をご覧ください。
*参加者・体験者の感想やコメントについては「参加者の感想」をご覧ください。

Copyright © NPO法人女性ネットSaya-Saya. All Rights Reserved. ウェブ制作:TurtleFive

CSS Template ホームページ制作