東京にある女性のためのDV相談や支援相談。ドメスティックバイオレンス(家庭内暴力)・被害を受けた女性と子どもの支援活動をしています。

NPO法人 女性ネットSaya-Saya  »  7つの活動ユニットの概要  »  メンテナンスユニット  »  夏の母と子のワークショップ

夏の母と子のワークショップ

夏の母と子のワークショップ

夏休みに、暴力被害を受けた母親とその子ども(小学生)を対象に、郊外の自然の中、二泊三日で行うワークショップです。母子別々のプログラムが用意され、お母さんたちは日頃の家事・育児から離れ、草木染めやミーティングなどを楽しみます。

子どもたちは、暴力的でなく安心できるおとな(スタッフ)に尊重され、見守られながら、虫取りや水遊び、竹細工など自由に遊んで3日間を過ごします。


参加家族10組に対し、スタッフはおよそ17~18名で、おいしい食事と安心できる環境で楽しく過ごす3日間です。

目的

どんな気持ちでも尊重され、一人一人が大切にされる環境の中で、母親と子どもそれぞれが、別々に自由なのびのびとした時間を過ごすことで、日頃のストレスから離れ、たまった疲れを解放し、心の傷の回復を促すことを目的としています。

母子や、きょうだい、おとな同士、子ども同士の間で葛藤が起きたときには、暴力的でないやり方で解決できることや、対等な関係のあり方を学ぶ機会ともなります。

対象

暴力被害を受けた女性とその小学生の子どもたち。母子10組。

時期

夏休み(8月の金・土・日)

場所

郊外

参加費

1家族(母親と子ども1人)1万円(子ども1人増につき1,000円増)。
母親プログラムの材料費は別途必要(1,500円程度)。現地集合で、交通費は自己負担。

過去の実績

過去6回実施(2010年2月現在)。

*実施予定や実施状況については、「イベント情報」をご覧ください。
*参加者・体験者の感想やコメントについては「参加者の感想」をご覧ください。

Copyright © NPO法人女性ネットSaya-Saya. All Rights Reserved. ウェブ制作:TurtleFive

CSS Template ホームページ制作