東京にある女性のためのDV相談や支援相談。ドメスティックバイオレンス(家庭内暴力)・被害を受けた女性と子どもの支援活動をしています。

NPO法人 女性ネットSaya-Saya  »  イベント  »  びーらぶ

びーらぶ

2016年のびーらぶ日程がきまりました

◆2016年度Saya-Saya主催"びーらぶ"のお知らせ

Saya-Sayaが行う"びーらぶ"の日程が決まりましたのでお知らせします。
希望される方は、事務局にお問い合わせください。

*高学年ショート5回(2016年1月9日~3月12日、基本は土曜日)
 インテーク1月9日(土)
①1月17日(日)②2月6日(土)③2月20月(土)④3月5日(土)⑤3月12日(土)

*低学年スタンダード12回(2016年4月16日~11月3日、すべて土曜日)
 インテーク4月16日
①4月23日②5月7日③5月21日④6月11日⑤6月25日⑥7月9日⑦7月16日
⑧7月30日⑨9月3日⑩9月17日⑪10月1日⑫11月3日

フォローアップは、どちらもクリスマス会(12月23日)になります。


◆2016年度 さやさや主催のびーらぶインストラクター養成講座
母親プログラム   7月23~24日
子どもプログラム  8月27~28日 9月24~25日



びーらぶ就学前5回ショートプログラム・低学年5回ショートプログラムの参加者募集中

対象 DVの被害から離れて暮らしてる子どもとその母親
☆就学前コース:4~6歳(年中・年長)のお子さんとその母親 6組
☆低学年コース:小学1・2・3年生のお子さんとその母親 8組
*いずれも都内在住・在勤・在学の方に限ります。

日時:就学前コース 6/22~8/17 の5回  土曜日14:00~15:30、
*参加者決定後、6/1(土)に説明会実施

日時:低学年コース 10/5~11/30の5回  土曜日14:00~16:00
*参加者決定後、9/21(土)に説明会実施

参加費:無料
会場: 東京都区内 詳細は参加者決定後、お知らせします。
保育: あり 無料 小学3年生まで (保育日の7日前までにお申し込みください)


お問い合わせ:  NPO法人女性ネットSaya-Saya
 tel/fax:03-6806-8684~5
 e-mail:saya3@sa6.gyao.ne.jp
 メールの場合、件名に<びーらぶプログラムについて>と最初に入れてください。

申込締切  (就学前・低学年とも) 平成25年5月10日(金)

 



◆びーらぶインストラクター養成講座を開催します

 日時:母プログラム 7月20(土)、21日(日) 10時~17時
  子どもプログラム 8月31日(土)、9月1日(日)、9月22日(日)、2 3日(月祝)
 10時~17時 (9月22日は17:30までの予定)
会場:未定
参加対象:Saya-SayaのDV被害者支援養成講座修了者
参加費:36000円(別途マニュアル代4000円)
*講座を修了された方には、びーらぶインストラクターの認定証をお渡しいたします。

《お申し込み・お問い合わせ》

お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス、お子さんのお名前・学年・年齢・性別を記入の上、FAXかメールにてお申し込みください。
件名「びーらぶプログラムについて」とお入れください。
FAX 03-6806-8684(24時間対応)
メール saya3@sa6.gyao.ne.jp



びーらぶ就学前12回スタンダード参加者募集中

"びーらぶ"はDV被害を受けた女性と子どものための同時並行心理教育プログラムです。

DVのある家庭で育った子どもたちは深く傷つき、「落ち着きがない、いらいらしている、暴力的になる、元気がない、友だちとのつきあいが難しい‥」など様々な暴力の影響が心配されます。 暴力被害を受けた母親たちもまた、DVから離れた後でも暴力による様々な影響が残り、子どもたちの心の回復を願いつつも、元気が出なかったり、つい子どもに怒鳴ってしまったり、子どもとの関係をどうしたらいいかと悩むことも多いものです。
「びーらぶ(beloved愛されている)」は、NPO法人女性ネットSaya-Sayaが開発した、DVを目撃または直接被害を受けた子どもと母親のための、同時並行の心理教育プログラムです。心に大きな傷つきを抱えた子どもは, 同じような経験をした仲間と一緒に、12回のプログラムの中で、遊びや人形劇を通じて「自分はたいせつな存在である」ことを知り、「気持ちや考えを表現していいこと」、「暴力的でない関係のつくりかた」を学びます。そして同時に母親も仲間と伴に、「暴力の構造」について学び、ミーティングやワーク、ロールプレイなどを通して「自分の力を取り戻し」、「自分も子どもも尊重する関わり方」を学んでいきます。悩んでおられるみなさん、参加してみませんか? 


◆参加対象
DVから離れて暮らしている、DV家庭で育った子どもとその母親
・離婚が成立していること。または別居中でも、加害者の元に帰らないという意志が固いこと。
・「びーらぶ」プログラムの日程全てを、受講する意志があること。
・現在治療中およびカウンセリングに通っている場合は、医師およびカウンセラーの同意があること。
・子どもと母親が「びーらぶ」プログラムへの参加に、同意していること。
*プログラムの目的、概要について、説明会出席の前に、あらかじめお子さんにお伝え下さい。

◆子どもの対象年齢と人数 
就学前...年中児・年長児の女子および男子とその母親  6組 
*申し込みが多い場合は、9/1のインタビュー実施後選考させていただきます。

◆ びーらぶプログラム・就学前12回版 実施日程 
<説明会及びインタビュー> 
日時: 2012年9月1日(土)14:00~16:00 説明会の後、順次インタビュー
<プログラム実施日程>
日時:①9/8(土) ②9/22(土) ③10/6(土) ④10/28(日) ⑤11/10(土) ⑥11/24(土) ⑦12/8(土) ⑧12/22(土) ⑨1/13(日) ⑩1/26(土) ⑪2/9(土) ⑫3/9(土) 土曜、日曜の14:00~15:30 
会場: 東京23区内・申し込んだ方に詳細をお知らせします
参加費:12000円     保育:あり(詳細はお問い合わせ下さい)

お問合せ:NPO法人女性ネットSaya-Saya tel
fax:03-6806-8684~5 e-mail:saya3@sa6.gyao.ne.jp
☆メールの場合、件名に《びーらぶ就学前プログラムについて》と最初に入れて下さい。

 



びーらぶ川崎 募集中!

びーらぶを川崎市で開催することになりました。!!

「びーらぶ(beloved愛されている)」は、NPO法人女性ネットSaya-Sayaが開発した、DVを目撃または直接被害を受けた子どもと母親のための、同時並行の心理教育プログラムです。

心に大きな傷つきを抱えた子どもは, 同じような経験をした仲間と一緒に、6回のプログラムの中で、遊びや人形劇を通じて「自分はたいせつな存在である」ことを知り、「気持ちや考えを表現していいこと」、「暴力的でない関係のつくりかた」を学びます。そして同時に母親も仲間と伴に、「暴力の構造」について学び、ミーティングやワーク、ロールプレイなどを通して「自分の力を取り戻して」、「自分も子どもも尊重する関わり方」を学んでいきます。

◆ 参加対象
DVから離れて暮らしている、DV家庭で育った子どもとその母親
・ 離婚が成立していること。または別居中でも、加害者の元に帰らないという意志が固いこと。
・ 「びーらぶ」プログラムの日程全てを、受講する意志があること。
・ 現在治療中およびカウンセリングに通っている場合は、医師およびカウンセラーの同意があること。
・ 子どもと母親が「びーらぶ」プログラムへの参加に、同意していること。
*プログラムの目的、概要について、説明会出席の前に、あらかじめお子さんにお伝え下さい。

◆ 子どもの対象年齢と人数 
小学校高学年 (4・5・.6年)の子どもとその母親 母子8家族まで 
*申し込みが多い場合は、インタビュー実施後選考させていただきます。

◆  びーらぶプログラム・高学年6回版 実施日程 
<説明会及びインタビュー> 
日時: 2011年12月11日(日)14時~16時 
説明会の後、順次インタビュー
<プログラム実施日程>
日時: ①12/17 ②1/14 ③1/28 ④2/11 ⑤2/25 ⑥3/3 いずれも土曜14時~16時 
会場: 川崎市内・申し込んだ方に詳細をお知らせします
参加費:無料
保育: あり (詳細はお問い合わせ下さい)

 



2011年度 びーらぶプログラムのご案内

◆2011年度 びーらぶプログラム
(DV被害を受けた女性と子どものための、同時並行心理教育プログラム)実施のお知らせ~参加者募集!
● びーらぶプログラム高学年ショート(5回)
子どもの対象年齢:小学校4,5,6年
定員:8組の母子
会場:東京都内
<説明会及びインタビュー>
日時:2011年6月4日(土) 説明会の後、順次インタビュー
<プログラム実施予定>  
 日時:①6/18 ②7/2 ③7/16 ④7/30 ⑤8/20  いずれも土曜日14:00~16:00 

● びーらぶプログラム低学年ショート(5回)
子どもの対象年齢:小学校1,2,3年
定員:8組の母子
会場:東京都内
<説明会及びインタビュー>
日時:2011年9月10日(土) 説明会の後、順次インタビュー
<プログラム実施予定>  
 日時:①9/24②10/8 ③10/22 ④11/5 ⑤11/26
  いずれも土曜日14:00~16:00 

●びーらぶプログラム就学前スタンダード(12回)
 子どもの対象年齢:年中、年長
 定員:6組の母子
 会場:東京都内
 参加費:一家族1回1.000円× 12回(12000円) *原則としてプログラム初回に
先払いしていただきます(応相談)
 <説明会及びインタビュー>
日時:2011年9月17日(土) 説明会の後、順次インタビュー
<プログラム実施予定>  
 日時:①10/1 ②10/15 ③10/29 ④11/12 ⑤11/26 ⑥12/10 ⑦12/25(日) ⑧1/7
⑨1/21 ⑩2/4 ⑪2/18 ⑫3/17 
  いずれも土曜日14:00~15:30 (12/25のみ日曜) 

★びーらぶプログラム参加者のフォローアッププログラム
日時:5月15日(日)14:00~16:00
会場:東京都内
参加費:母子で1000円
参加資格:びーらぶプログラムに参加したことのある母子(就学前年中~小学校6年)

《お申し込み・お問い合わせ》

お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス、お子さんのお名前・学年・年齢・性別を記入の上、FAXかメールにてお申し込みください。
件名「びーらぶプログラムについて」とお入れください。
FAX: 03-6806-8684~5



DV被害にあった女性と子どもの同時並行心理教育プログラム「びーらぶ」低学年募集

低学年募集中です。


 「びーらぶ(beloved)」は、DVを目撃または直接被害を受けた子どもと母親に対する心理教育プログラムです。

DVの影響により心理的に大きな傷つきを抱えた子どもは, 12回のプログラムの中で、

遊びや人形劇を通じて「自分はたいせつな存在である」ことを知り、

「暴力的でない関係のつくりかた」を学びます。

そして同時に母親は、毎回子どもと同じテーマで「暴力の構造」や「自分たちが持つ権利」について学び、

ワークやミーティングを通して「自分の力を取り戻して」いきます。

子どもと母親が、同時並行で学んでいくことが、効果を高めています。

子ども達が自分を大切にして、周りの人と安心で安全な関係をつくれるようになるため、

そして将来の暴力の加害者、被害者、傍観者を作り出さないためにも、

ぜひ「びーらぶ」をご受講下さい。


今回の募集は、低学年対象です。


下記の通り、びーらぶプログラムの参加者を募集いたしますので、ご希望の方はお申し込み下さい。


1,参加資格


  • DV被害にあった女性とその子ども達。
  • 離婚が成立していること。または別居中でも、加害者の元に帰らないという意志が固いこと。
  • 「びーらぶ」プログラム全12回の日程全てを、受講する意志があること。
  • 現在治療中およびカウンセリングに通っている場合は、医師およびカウンセラーの同意があること。
  • 子どもと母親が「びーらぶ」プログラムへの参加に、同意していること。

*プログラムの目的、概要について、説明会出席の前に、あらかじめお子さんにお伝え下さい。


2,子どもの対象年齢と人数


低学年...小学校低学年 (1,2,3年)の女子および男子

▲8家族まで *申し込みが多い場合は、インタビュー実施後選考させていただきます。



参加費:一家族1回1.000× 12(12000) 

*原則としてプログラム初回に先払いしていただきます(応相談)


会場:東京都内(参加者にはお伝えします)

日時:月2回、土曜日の14:00〜16:00


プログラムの概要◆

1日目テーマ

みんなようこそ!

【プログラム全体の確認&顔合わせ】

家庭内で暴力被害を経験した子ども達たちでグループが構成されていることを知る。


2日目テーマ

ここはあんしん

【安全・安心を感じる】

グループメンバーを知り、グループが安全な場所であることを感じる。


3日目テーマ

たたいちゃいやだ

【暴力について考える】

人権を学ぶ。暴力の定義を学ぶ。


4日目テーマ

おこったとき

どうする?

【「怒り」と「暴力」】

「怒り」の感情は大切な感情。「怒り」=感情と「暴力」=行動を分けて考える。

怒ったから暴力をふるってもよいということにはならないことを学ぶ。。 「怒り」

を暴力以外で伝える方法を見つける。


5日目テーマ

あんぜんけいかく

【安全計画を立てる】

自分を守ること、守ってもいいことを学ぶ。

自分を守るためにはどのような資源を使うことができるか、何ができるかを準備して

おく。


6日目テーマ

こまったとき

どうする?

【葛藤解決】

もしいじめられたら何ができるか? いじめられる子に責任はないということを知

る。

問題があったときに役に立つ解決方法を学ぶ。

7日目テーマ

じぶんのかぞく

【家族】

家族の中であった暴力の話をし、話を受け止めてもらえる経験をする。暴力をふるう

側に責任があり、母親や子どもに責任はないことを知る。暴力以外の方法があるこ

とを知る。

8日目テーマ

いろんなきもち

【コミュニケーション】

いろいろな感情をあらわす言葉を知る。 自分の感情を「わたしのきもちメッセー

ジ」で表現する。

他人と違っていいことを学ぶ。


9日目テーマ

いろんなかぞく

【多様性と家族幻想】

男女の性別役割を考え直し、思いこみに気づく。さまざまな家族の形態があること

を知る。

家族幻想からの脱却。


10日目テーマ

わけっこしよう

【対等とシェア】

人が人を支配せず、お互いに尊重しあいながら「分け合う」ことを体験する。

意見や考えが違っていても同じように価値があることを学ぶ。


11日目テーマ

だいじなわたし........

【自尊心の回復】

自分が世界でたった一人の大事な存在であることを感じる。肯定的メッセージのシャワーを浴びる。


12日目テーマ

どうした?............

【フォローアップ】1ヶ月後

これまでのみんなの様子をお互いに聞きあって、体験を分かち合う。これまでの振り返り。

子どもプログラムは上記内容を遊びやロールプレイ、人形劇などを通じてグループで学びます。

*母親プログラムは子どもプログラムの内容に対応したテーマで、ワークやミーティングを行っていきます。



びーらぶ  イベント情報

Coming Soon!


Copyright © NPO法人女性ネットSaya-Saya. All Rights Reserved. ウェブ制作:TurtleFive

CSS Template ホームページ制作