参加者の感想。東京にある女性のためのDV相談や支援相談。ドメスティックバイオレンス(家庭内暴力)・被害を受けた女性と子どもの支援活動をしています。

NPO法人 女性ネットSaya-Saya »  参加者の感想

参加者の感想

* びーらぶ
* 夏の母と子のワークショップ
* 10ステップワークショップ
* 女たちのクリスマス会
* お出かけプロジェクト
* ITサロン・キャリアカウンセリング
* キャリアセミナー
* 女性クローズドミーティング
* Saya-Saya工房
* ベリーダンス
* 講座・講演会
* DV被害者支援養成講座
* びーらぶインストラクター養成講座
* チェンジ(暴力防止ユースプログラム)

参加者の感想一覧

講座・講演会

順次掲載予定です。

プログラムの詳細は、「講座・講演会」をご覧ください。



夏の母と子のワークショップ

順次掲載予定です。

プログラムの詳細は、「夏の母と子のワークショップ 」をご覧ください。


びーらぶ

  • おこったときに、どうしたらいいかがわかった。(子ども)
  • いやなときは、イヤといっていいとわかった。(子ども)
  • おやつやじゆうじかんもあって、たのしかった。(子ども)
  • 子どもの対応に困ったときに、大変役立つ知識を貰った。私自身のケアになり、自分自身に力を持つことが出来た。(母親)
  • 何よりも子どもの感情が豊かになり、顔つきもあどけなくなった。心から子どもが可愛く思えるようになった。(母親)

プログラムの詳細は、「びーらぶプログラム」をご覧ください。


10ステップワークショップ

順次掲載予定です。

プログラムの詳細は、「10ステップワークショップ」をご覧ください。


女たちのクリスマス会

Aさんのお子さんは、男の人を怖がっています。最初は保育の男性を警戒して、話しかけられても固まっていたそうです。が、保育終わって会場に戻ってきたお子さんを見てAさんはビックリしたそうです!お子さんが、楽しそうに、抱きついたり、まとわりついたりしていたそうです。怖くない男の人もいる!と知ってもらえたのですね。こういう機会が本当に必要です、良かった、とのことでした。お食事が始まって、「ノドがかわいたー」とぐずっていたお子さんを、大きいお兄ちゃんが、「じゃあ一緒に飲み物探しに行こう」と手をひいて行ってくれたとの事。どなたかの息子さんと思いますが、親切にしてもらって、とても嬉しかったそうです(2009年度参加者)。

プログラムの詳細は、「女たちのクリスマス会」をご覧ください。



おでかけプロジェクト

順次掲載予定です。

プログラムの詳細は、「おでかけプロジェクト」をご覧ください。



ITサロン・キャリアカウンセリング

  • 子どものPTAの名簿などがパソコンで作れるようになりました。
  • Excelって何?という私が、基本操作をマスターすることができました。嬉しいです。
  • インターネットで仕事探しをするノウハウを教えてもらえて、とても良かったです。
  • なんとなく気分がすぐれない日も、ITサロンでみんなのおしゃべりを聞いていると元気が出てきます。
  • 就職のためにパソコンを使えるようになりたいと思っても、何をどれぐらい出来るようになれば良いのか、さっぱり分かりませんでした。そのあたりを丁寧に教えてもらえて、良かったです。

プログラムの詳細は、「ITサロン・キャリアカウンセリング」をご覧ください。



キャリアセミナー

  • パネルディスカッションが参考になりました。
  • 最初は、時代の先端をいく方々の話と自分との間に共通項があるのかと思いましたが、働く女性として共通する事項や価値観があり、非常に勇気づけられました。
  • 等身大でいろいろな体験談を聞くことができ、力づけられた。
  • 生の声が聞けてよかった。もっと多くDV被害女性の方に機会を与えてもいいのではと感じました。
  • パネルディスカッションの後、グループディスカッションでより深く掘り下げた話ができ参考になりよかった。

プログラムの詳細は、「キャリアセミナー」をご覧ください。



DV被害者支援養成講座

  • 漠然としか認識してなかったDVについて、体系的に学ぶことができ、立体的にイメージすることができました。今の日本のDV被害者支援の問題点が見えてきました。他のメンバーと話し合う中で、様々な考え方にも触れることができ充実した時間を過ごせました。
  • DV被害者支援のためには、今回のような体系的な学びが必要だと思いました。参加者の方々からも、いろいろな話を聞いたり、自分も語ることによってより理解が深まりました。

プログラムの詳細は、「DV被害者支援養成講座」をご覧ください。



チェンジ(暴力防止ユースプログラム)

  • DVという言葉は知っていたが内容は知らなかった。
  • 付き合う相手ができた時、尊重した関係を築いていきたいと思った。
  • 友達や周りにDVがあったら見ないふりせず、相談されたら話を聞きたい、自分もそうなったら相談したいと思う。

プログラムの詳細は、「チェンジ」をご覧ください。



びーらぶインストラクター養成講座

  • 36時間は、振り返りや課題なども改めて気付き、今後の自分自身のためにもなり、この感動を多くの方々に伝え知ってもらいたいと思った時間でした。対等、尊重の大切さや、安全でいることの心地よさは、私にとってのオアシスの場であったように思っています。これからも学習し、自分自身が豊かになっていきたいと思っています。
  • 流れや大事なポイント、伝えたいことなど、よく考えて作ってあるプログラムだと思います。言葉の選び方やとらえかた(例えば、自傷を暴力と呼ぶかどうかなど)について、少し話しこんでみたいと思いました。

プログラムの詳細は、「びーらぶインストラクタ養成講座」をご覧ください。

 



女性クローズドミーティング

順次掲載予定です。

プログラムの詳細は、「女性クローズドミーティング」をご覧ください。



Saya-Saya工房

順次掲載予定です。

プログラムの詳細は、「Saya-Saya工房」をご覧ください。



ベリーダンス

  • 踊ったあと、体がとても温かくなりました。
  • 衣装を身につけたら、いつもと違う自分になれた感じがして、楽しかったです。
  • 普段運動不足なので、音楽にあわせて体を動かすことができて、とても良いです。
  • あっという間に時間がたってしまって、もっとやりたい! と思いました。
  • みんなで一緒に踊って、一曲踊り終えたら、すごく達成感がありました。
  • 体育祭の練習をしているような気持ちになって、みんなで作り上げる喜びを感じました。


Copyright © NPO法人女性ネットSaya-Saya. All Rights Reserved. ウェブ制作:TurtleFive

CSS Template ホームページ制作