Google Chromeに切り替えてください。
現在お使いのAndroid標準ブラウザには脆弱性が存在しセキュリティ上の危険があります。Googleのサポートが終了しているためこの脆弱性が修正されることはありません。また、動作保証対象外のため表示が崩れることがありますので、最新のGoogle Chromeを使うことを推奨いたします。

東京にある女性のためのDV相談や支援相談。ドメスティックバイオレンス(家庭内暴力)・被害を受けた女性と子どもの支援活動をしています。

活動案内

ステップ3:自分にできることを探そう

ステップ3では、ステップアップのための講座に参加します。

就労練習をしたり、対人関係の取り方を学んだり、具体的なキャリアセミナーに参加したりします。

アサーション

対人関係を円滑にし、かつ自分の気持ちを大切にするコミュニケーションを学んでいきます。

不適切な関係で身につけた、厄介な癖があれば検討し、互いに尊重し合えるコミュニケーションを模索します。ロールプレイを通して、安心なやりとりを体験していきます。

誰でも英語サロン

気軽に英語を話したり、聞いたりしてコミュニケ―ションスキルを向上させ、自信が持てるようにします。

セルフエスティーム

自尊感情を高めるための講座です。

人生のアクシデントを乗り越える鍵とされることもある「セルフエスティーム(自己尊重感)」について、ミニワークをまじえて考えていきます。

IT講座

パソコンの基本的なスキルを学んでいきます。

SST基礎編(ソーシャルスキルトレーニング)  

対人関係など実際に困った場面など、ロールプレイを通して解決法を学んでいきます。

メイク講座

自分を知り、積極的に社会参加できるためのエンパワー講座です。

DV被害支援者養成講座

自分の体験を支援に生かすための講座。あらためて、専門的にDVや、性暴力について学ぶことで、自分の体験を整理し、体験を生かして支援者となれるようにしていきます。

DV支援先進国である米国オレゴン州で使用されているマニュアルを用いて、体系的にDVや児童虐待をはじめとした暴力の問題や、支援者のあり方などについて学んでいく講座です。

講座開催期間

  • 1)2017年度第2期:2018年1月~3月 毎週水曜日 18:30~20:30
  • 2)2018年度第1期:2018年5月 土日 計4日間  10:00~17:00

講座日時・内容

1) 2017年度第2期
  • 1月10日/①抑圧理論  1月17日/②性暴力  1月24日/⓷DV  1月31日/④トラウマ
  • 2月7日/⑤法律関係  2月14日/⑥アドボカシー・クライシス  
  • 2月21日/⑦危機介入  2月28日/⑧子どもへの虐待
  • 3月7日/⑨高齢者・障がいを持つ人々  3月14日/⑩加害者
  • 3月28日/⑪⑫多文化社会におけるDV・自己確認テスト・びーらぶ紹介・終了式
2) 2018年度第1期
  • 5月12日(土)①抑圧理論  ②性暴力  ⓷DV  
  • 5月13日(日)④トラウマ  ⑤法律関係  ⑥アドボカシー・クライシス
  • 5月26日(土)⑦危機介入  ⑧子どもへの虐待  ⑨高齢者・障がいを持つ人々
  • 5月27日(日)⑩加害者  ⑪⑫多文化社会におけるDV・自己確認テスト・びーらぶ紹介・終了式

開催会場

1)2)とも共通 東京都荒川区内

参加費

1)2)とも共通 11,000円 

(1コマ1,000円・別途テキスト代として1組(11冊セット)4,000円が初回にかかります)

対象

これからDV被害者支援をしていきたいと思う方、すでに支援活動をしていて支援の学びを深めたい方、DVや虐待を含む暴力防止やその対応などを体系的に学びたい方、当事者の方、行政職員、司法・教育・福祉・保健に携わる方など。

参加申込方法

メールにて申込お願いいたします。申込メールアドレス  saya3@sa6.gyao.ne.jp

申込の際、氏名(ふりがな)・職業・所属(あれば)・郵便番号・住所・連絡先電話番号をご記載ください。

ページTOPへ