Google Chromeに切り替えてください。
現在お使いのAndroid標準ブラウザには脆弱性が存在しセキュリティ上の危険があります。Googleのサポートが終了しているためこの脆弱性が修正されることはありません。また、動作保証対象外のため表示が崩れることがありますので、最新のGoogle Chromeを使うことを推奨いたします。

東京にある女性のためのDV相談や支援相談。ドメスティックバイオレンス(家庭内暴力)・被害を受けた女性と子どもの支援活動をしています。

支援してくださる皆様へ

支援してくださる皆様へ

ぜひご支援ください! そして一緒に暴力のない社会を実現しましょう!

あなたにあった支援の方法があります

さやさやに寄付で支援したい

さやさやの会員になる→入会の方法 ・・・・・・・・

個人で自由な金額を寄付をしたい→振込先・・・・・・・・

Goodoで毎日ぽちぽち→さやさやHPのGoodoの寄付のところを毎日押していただくと、押されたポイントに応じて、最大毎月3万円の寄付が入ってきます。

 

自分の時間やもっている知識やスキルで支援したい

さやさやや女性たちがつくった品を買って支援したい

さやさやが販売するグッズや絵本、資料などを購入いただけます 

ものを提供して支援したい

家電製品やパソコン、洋服、食用品などの寄付を受け付けています

 

地域で共感者・理解者になって支援したい

地域で市民としてできることはたくさんあります。暴力を受けている人や、その子どもたちの話を聴かせてもらい、その人自身が選択できる力を持っていることを信じて支援していくこと、迷いや悲しみの中を一緒に歩いたり、ともに時を過ごしたりする場を作っていくことなどです。

また、暴力の連鎖を防ぎ、新たな加害者も被害者もつくらないために、地域への防止・啓発を勧めることもその一つです。

あなたにもできること

二次被害について

被害の話を聞かせていただいているうちに、支援する側の言葉や態度が、相手を傷つけたり、さらなる孤立感を強めることがあります。これを支援者による二次被害といいます。

二次被害の起こらない支援を目指し、もし、そのような状況が起こっても、暴力的でない方法で問題解決することを心がけていきたいです。

参考:DV被害者支援マニュアル(女性ネットSaya-Saya訳)

支援してくださる皆様へ
ページTOPへ